投稿日:

単身赴任の住宅選び!期間に応じて選ぶ候補3選

期間が長いなら王道の賃貸マンション

単身赴任が必要になったときに、期間が何年にも渡って長くなるのがわかっているときには住宅として適しているのは賃貸マンションです。どの地域でも契約が2年程度が一般的であり、その程度の期間は住み続けるのを前提として選ぶことになるでしょう。先が長くなることを予想してそれなりに快適な住宅を選んでおくのが賢明であり、一年や二年限りの部屋ではないという覚悟でゆっくりと生活できるようにすると仕事にも精が出るでしょう。

マンスリーマンションで楽な生活

数ヶ月から一年程度の単身赴任になる場合には考慮してみると良いのがマンスリーマンションです。一ヶ月あたりの家賃は賃貸マンションに比べると高くなりがちですが、その分のメリットもあります。家具や家電が一通り揃っていて購入する必要がありません。また、ライフラインも最初から整っているのが一般的であり、諸々の手続きを必要とすることなく生活を始められます。立地条件が良い物件が多いので、単身赴任先での活動も行いやすいでしょう。

期間限定と考えて自己啓発のシェアハウス

数カ月程度の単身赴任となるなら、自己啓発のためにその期間を使用するという考え方も良いでしょう。期間限定ならと思い切ってシェアハウスに住むのも単身赴任だからこそできることです。テーマ性を持って運営されているシェアハウスも多くなってきているため、自分の興味に沿ったシェアハウスに住んで、同じ興味を持った人たちとのコミュニケーションをとって生活していくのも楽しいでしょう。通常は家具や家電も完備されているので生活を始めるにも便利です。

単身赴任の家具は、一人で生活する上で必要最低限のもので、コンパクトなものを準備すれば十分だと思います。